デコレーションのプロたち

デコライン、ピンストライプを使った車のデコレーションに挑戦する方は沢山います。
そして、そういったデコレーションを極めたプロフェッショナル達が存在します。
彼らは趣味としてやってる場合もあれば、サービスとして提供している場合もあります。
サービスとしてデコラインを施してくれる方は確実に丁寧に行ってくれるため、初心者の方やミスをしたくない方には重宝されています。

そして、デコラインを使用した車のデコレーションを見せ合う、大会や集まりのようなものもあります。
こうしたところに出向き、自分の腕を磨き、また、交友関係を広げている方たちも大勢出てくるようになりました。

貼り方

デコライン、ピンストライプの貼り方についてご紹介します。
車を作業しやすい場所に持って行きます。雨などがふっている場合は屋内で行う必要があります。
まず、準備するのはホワイトガソリン、綿布、カッター、マスキングテープ、はさみ、水性サインペン、デコラインです。
これらはホームセンターにいけばほぼ手に入ります。
デコラインに関してはネットショップや取り扱っている店頭で購入しましょう。
最初にホワイトガソリンを綿布につけます。
そして、その綿布を使って施工箇所の汚れを綺麗に拭き取っていきます。
ここでワックスなどを取り除かないと、デコラインがうまく貼りついてくれないことがあります。
次に、デコラインを貼るラインの目印をつけます。
貼るラインにまっすぐとマスキングテープを貼ります。
この時、マスキングテープが曲がらないように気をつけます。
そして、マスキングテープに沿って、デコラインを仮止めしていきます。
デコラインをマスキングテープを使用しながら、目印に沿って仮止めします。
そして、曲がってないことを確認したら、貼り付けます。
貼り付けが終わったら、アプリケーションをゆっくりと剥がしていきます。
この時、ゆっくりと剥がさないとアプリケーション側にデコラインがひっついてきて、うまく貼り付けられないことがあります。
以上で終了となります。

これは基本的な一本のデコラインの貼付け方です。
この貼付け方を基本に、様々な模様を作っていく方もいます。

製品について

デコライン、ピンストライプと言うのは車をデコレーションするためのステッカーのことです。
デコラインは製品の名前ですが、ピンストライプは細い線の縞模様という意味です。
基本的にはシンプルなデコレーションに適しており、一本の線で、車に彩りを与えてくれます。
しかしながら、現在では様々な模様のデコラインが販売されており、複雑なデコレーションを可能にしています。

デコラインの標準シートの屋外耐候年数は5年が基本で、様々な色や素材で作られています。
例えば、キラキラと煌くラメのついたものやホログラムを使用したもの等が挙げられます。

また、デコラインの価格は8000円から10000円ほどが相場となっており、耐候年数や素材の違い、長さや太さなどによって値段が変わってきます。

個性あふれるデコレーション

現在では車を自分用にカスタムするのは当たり前になってきました。
それは内部だけではなく外見にも言えることです。
そして、車の外見のデコーレーションは様々です。
デコライン、ピンストライプステッカーなどを使って、模様や色でアートのようにしている方や中にはアニメなどの自分好きなキャラクターを描いている方もいます。

このように様々なデコレーションがあり、そのデコーレションの種類や可能性は無限大です。

自分だけの車を作ろう

車とは人々を乗せて運ぶ乗り物のことです。
詳しくは、車両に原動機をつけ、それを動かす燃料を備えた車両のことです。

車両が生まれたのは紀元前でした。
そのころは自分で動かすか、馬に頼って車両を動かしていました。
そのため、原動機がつくのはだいぶ先のこととなります。
初めて自動車が誕生したのは1769年のことでした。
初めての自動車はニコラ・ジョセフ・キョニーというフランス人によって作られた、蒸気を原動力として走るものでした。
現在の主流であるガソリン自動車の誕生はそれから100年後の1800年代末期でした。
ドイツ人のゴットリープ・ダイムラーという人が4ストロークエンジンを開発し、車両に載せました。
それが1885年のことで、その翌年にはカール・ベンツによって実際にガソリン自動車が販売されています。
そして、1900年台初頭にはガソリン自動車の量産がフランスで始まり、全世界に普及していくことになります。
ガソリン自動車の普及のきっかけはアメリカのフォード社でした。
フォード社は大衆向けに低価格で製造することに成功したからです。
日本に持ち込まれたのもちょうどこの頃で、初の国産は山羽虎夫が作った山羽式蒸気自動車でした。
本格的に自動車が大衆に向けて日本で普及され始めたのは第二次世界大戦後の話です。

様々な種類の車が存在していますが、そのどれもが個人の趣味、嗜好に合ったものではありません。
そのため、車をデコーレーションして自分色にする方が昨今では大勢います。
そして、それをすることができるのがデコラインやピンストライプを使ったデコレーション方法です。
このデコライン、ピンストライプで、自分だけの車を作り、個性をアピールしましょう。